山田文彦

(FUMIHIKO YAMADA)

1978年東京生まれ。1991年より雅楽の道に入り、2000年、楽師を拝命。2001年雅楽団体「東京楽所」に入団。2010年より同団体主席篳篥(ひちりき)奏者,東京藝大音楽部邦楽科非常勤講師を歴任し、2016年NPO法人日本伝統舞台芸術を主宰。伝統芸能者として国立劇場定期公演をはじめ国内外の雅楽演奏会に精力的に出演する傍ら、雅楽の可能性を追求し、「千年前の音を今に即した形で」をコンセプトに多くの舞台芸術を創出している。2017年11月来日のイヴァンカ・トランプ米大統領補佐官を饗応する安倍晋三内閣総理大臣主催の夕食会において、雅楽を用いた総合演出を担当。重要無形文化財「雅楽」保持者。

山田文彦  雅音成就 (2019リマスターバージョン).jpg
croix_logo.png

ヒーリングを提供して、人々の生活に安らぎと感動を与える。