長田清

長田クリニック院長
医学博士、精神科専門医
長田クリニック院長那覇市出身。徳島大学医学部大学院にて大脳生理学、睡眠を研究。東京都立松沢病院、林道倫精神科神経科病院、沖縄県立精和病院勤務の後、那覇市内で心療内科クリニックを開業。臨床ではカウンセリングに興味を持ち催眠療法、家族療法、認知行動療法、内観療法、心理劇、トランスパーソナル、瞑想、ヨガ、NLP、EMDR、解決志向アプローチ、ポジティブ心理学他、多数の心理療法を実践。薬は利用しながらも薬に頼らず、患者さんの希望、目標、解決をサポートする。ユーモアが希望には必須と考え、明るく・楽しい診療を心掛ける。歌謡曲をカウンセリング的に解釈した歌謡医学エッセイ『歌は世につれ予は歌につれ』(幻冬舎)の著書あり。

croix_logo.png

ヒーリングを提供して、人々の生活に安らぎと感動を与える。