コラム:【RELAX WORLD】2台のハープによる癒しの音楽で心地よい「倍音効果」も「倍」得られる!?

最終更新: 10月13日

印象派を代表するフランスの画家モネの“睡蓮”をジャケットに

“癒しのハープ“とも言われている旧約聖書にも登場する歴史ある楽器でにあるハープ。

ハープの音色には人が聴き取れない高周波が含まれていて、ハープの音色を聴いたことで病状が癒やされたりと、ストレス軽減や免疫力を高めるなどの効果があるとされています。

☆CROIX HEALING コラム:「音楽療法士が認めるハープ(竪琴)の癒し効果とは?..」

癒しの「倍音効果」も「倍」得られるハープ作品

倍音は脳波をリラックスさせる効果があり、中でもハープは楽器の中で一番豊かな倍音が奏でられます。


「ヒーリング・ハープ・デュオ~癒しの二重奏」では、ソロ、アンサンブル、オーケストラなどで全国各地で演奏活動を行うハーピスト“清水彩華“と、ソロ・室内楽・オーケストラの分野で活動している清水彩華の姉でもある“清水梨紗”の2人のハーピストによる癒しの二重奏が楽しめる作品です。

誰もが聴いたことのあるヒーリング・クラシック楽曲を中心に、ハープの魅力が最大限に楽しめる楽曲を、姉妹ならではの息の合った演奏でお届けし、癒しの「倍音効果」も「倍」得られる事でしょう。

音楽療法士 推薦作品

ご紹介する4作品は、日本と米国の両国の音楽療法士の認定を受け、障害者施設や老人介護施設などで実際に音楽を使った音楽療法を施している音楽療法士の“長坂希望”推薦作品となっております。

音楽療法士:長坂希望

MT-BC(米国音楽療法士資格認定員会認定音楽療法士)

日本音楽療法学会認定音楽療法士


たった一本の弦をはじいただけでも、その倍音にあたる弦がほぼすべて振動して鳴るハープは、古代エジプトやメソポタミア文明の頃から人々を慰め、癒し、その生活に潤いを与えてきました。姉妹デュオならではの息の合った演奏は、時には夜空にきらめく無数の星のように私たちを包み込み、また別の曲では私たちを支え励ますような力強い響きを聞かせてくれます。(CDブックレットに記載されている推薦文を一部抜粋)


☆<Rhythm in Life> サイトはこちら

☆CROIX HEALING 長坂希望 プロフィールはこちら

CD&配信で絶賛発売中

タイトル:ヒーリング・ハープ・デュオ~癒しの二重奏

アーティスト:清水梨紗&清水彩華

発売/配信日:CD:2020年9月23日(水)/配信:2020年9月25日(金)

レーベル:CROIX HEALING


お勧め曲:tr.10 「イングランド民謡:グリーンスリーブス」

☆試聴等 詳細はこちら

ハーピスト“清水彩華”による、自身のレパートリーの中から、ハープの魅力をより深く堪能できる楽曲による、王道のヒーリング・クラシック作品。

タイトル:ヒーリング・ハープ~やすらぎの調べ~

アーティスト:清水彩華

発売/配信日:CD:2020年3月4日(水)/配信:2020年3月6日(金)

レーベル:CROIX HEALING


お勧め曲:tr.01 「バッハ:プレリュード」

☆試聴等 詳細はこちら


米国の音楽療法士がハープが持つ「倍音が豊かな優しい音色」、「単旋律だけではなく和音も同時に奏でられる」という特徴に注目を集めるなか、日本と米国の両国の音楽療法士の認定を受け、障害者施設や老人介護施設などで実際に音楽を使音楽療法を施している、音楽療法士の“長坂希望”氏監修の、究極の癒しを体感してみてはいかが♪


清水彩華 プロフィール

6歳よりハープを始める。1994年桐朋女子高等学校音楽科に入学。桐朋学園大学を経て2003年桐朋学園大学研究科を修了。第8回、第11回日本ハープコンクール アドバンス部門入賞。第6回現代音楽演奏コンクール入選。2001年日奥文化協会主催のフレッシュコンサートのオーディションに合格し、同年10月サントリーホールでの演奏会に出演。2001年ジュネーブにてシャンタル・マチュー氏のマスタークラス受講。2003年9月秋山和慶氏の指揮で桐朋学園アカデミーオーケストラと共演。2003年クールシュベール夏季音楽祭にてファブリス・ピエールのクラスを受講。現在、ソロ・室内楽・オーケストラの分野で活動している


その低くゆったりと包み込んでくれるような響きと穏やかな時間の流れをお楽しみください♪

タイトル:ヒーリング・チェロ~森のささやき

アーティスト:Classy Moon

発売/配信日:CD:2019年12月4日(水)/配信:2019年12月6日(金)

レーベル:CROIX HEALING


お勧め曲:tr.01 「フォーレ:シシリエンヌ」

☆試聴等 詳細はこちら


シアターオーケストラトーキョー首席奏者の“寺田達郎”(チェロ)と、5歳で丹羽正明、藤井一興氏にスカウトされ、その後多数の受賞歴を持ち、動物のためのNPO法人 Be Free理事としても活動する“丹千尋”(ピアノ)という、実力派チェリストとピアニストによる美しい演奏と、森の自然音の融合により、今まで聴いたこと、感じたことのない、まるで森林浴をしているかのような不思議な感覚が生まれ、チェロとピアノの柔らかな音色と森のささやきが、心地良い癒しと安らぎを届けてくれることでしょう…♪

鳥や虫の鳴き声や木々のざわめきなどの森の自然音を曲間とバックに敷くことにより、癒しの森を散策しているかのような気分になり、心地よい空間を演出します♪

心地よいピアノの旋律が安らかな眠りに誘う・・・

音楽療法士監修による、眠りのクラシック・ピアノ曲集

タイトル:眠りのピアノ~月の光~

アーティスト:丹 千尋

発売/配信日:CD:2020年1月21日(水)/配信:2020年1月23日(金)

レーベル:CROIX HEALING


お勧め曲:tr.01 「ドビュッシー:月の光」

☆試聴等 詳細はこちら


5歳で丹羽正明氏、藤井一興氏にスカウトされ、その後多数の受賞歴を持ち、動物のためのNPO法人《Be Free》の理事としても活動し、ピアニスト/作曲家/純文学作家という様々な分野で活動し、多彩な才能を発揮する“丹 千尋” による、ミドル~スロー・テンポのポピュラーなクラシック・ピアノ曲集。美しいメロディーを奏でるクラシックの名曲に、音響効果で浮遊感を演出し、聴き入るうちにピアノ音は減衰してやがて静かに終わりを迎え・・それが眠りの導入となり夢に誘います。。心と体に最高の癒しをお届けする極上の音空間が広がり、お休み前の睡眠導入ミュージックにも最適♪

様々な形で“秋”を楽しむ

秋といえば、紅葉の秋、行楽の秋、食欲の秋、芸術の秋、読書の秋・・・など様々あります。


今年の秋はまだまだご自宅で過ごすことが多いと思いますが、テレワーク時、通勤中、家事、休憩中など場所や用途を選ばず、素敵な癒しの音楽を聴きながら皆様のお好きな時に様々な場所、形で体を癒しながら“秋を楽しみましょう♪








header-logo-sp-_.jpg
link-logo.png
NOR.jpg
名称未設定-2.jpg
header-logo-sp_.jpg